医薬部外品の育毛剤の特徴って何?薬事法で分けられている部分とは

医薬部外品の育毛剤の特徴って何?薬事法で分けられている部分とは

医薬部外品の育毛剤の特徴って何?薬事法で分けられている部分とは

マイナチュレ チャップアップ

980円訴求バナー

女性用育毛剤おすすめは、マイナチュレです。

 

敏感な頭皮に優しい無添加処方
天然成分27種とアミノ酸10種を最高のバランスで配合

 

髪の毛に良い栄養を豊富に含むミツイシ昆布をはじめ、27種の天然由来成分とアミノ酸が頭皮環境を整え薄毛改善に働きかけます。

 

育毛は身だしなみ

男性用育毛剤おすすめは、チャップアップです。

 

厚生労働省が認めた育毛剤で、業界最大級50種類の育毛成分配合

 

成分はすべて天然由来、さらにアルコールや防腐剤といった添加物も不使用。

 

効果と安全性を兼ね備えた育毛剤です。

育毛剤は医薬品、医薬部外品、化粧品のいずれかに分類され、それぞれの持つ特徴や配合成分が異なります。ここでは店頭や通販でもよく見かける医薬部外品に属する育毛剤について、どんな特徴があるのかお伝えします。

 

 

薄毛に悩む人たちが改善を目的として使用する育毛剤は、その目的に沿った成分が配合されています。実際にパッケージを見てみると効き目がありそうな成分名や宣伝文句が並んでおり、商品を選ぶ時に迷うほどです。

 

 

しかし同じように見える育毛剤でも薬事法においては明確に分類されており、配合成分を始め様々な違いがあります。また広告に使える文言も厳しく制限されており、違反商品に警告が与えられたり販売停止措置が取られることも少なくありません。

 

 

薬事法で医薬品に指定されている商品は、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の3つに分けられます。この他に医療医薬品に分類されるものもありますが、これは医師しか処方できないものです。

 

 

医薬品とは病気の予防や治療を行うものであり、一定の副作用リスクが伴うものです。第一類医薬品は副作用の危険性が高いため、薬剤師の説明を受けなければ購入できません。

 

 

第二類医薬品、第三類医薬品については登録業者であれば販売可能ですが、副作用リスクがゼロではないため注意が必要です。化粧品に分類される育毛剤にも育毛成分が配合されていますが、その作用は緩やかなものです。

 

 

育毛シャンプーやトニックなどは化粧品に分類されることが多く、気軽に使えるものの薄毛の治療目的で使うものではありません。そのため薄毛に対する効果や効能を謳うことは認められておらず、薄毛対策としての十分な働きも期待できないでしょう。

 

 

医薬部外品とは効果が期待できる成分を配合しており、なおかつ副作用リスクが少ないという特徴を持っています。積極的な治療ではなく予防や改善を目的として使用するものですが、厚生労働省に認められた有効成分を一定濃度で配合しています。

 

 

育毛剤の場合は化粧品に分類されるものと区別するため、薬用育毛剤と表記することもありますが同じものです。もちろん医薬部外品でない育毛剤を薬用と表記することはできないため、選ぶ際には気をつけましょう。

 

医薬部外品の育毛剤の特徴って何?薬事法で分けられている部分とは

 

効果や効能は医薬品に準ずるものとされていますが、全ての人に効果が出るわけではないのも医薬部外品の特徴です。また薄毛の改善を実感できるまでに医薬品よりも時間がかかることも確かで、継続使用しなければなりません。

 

 

これは有効成分を配合してはいるものの、体への働きかけが緩やかなことによります。逆に言えば副作用リスクが極めて低く、安全に使えるのが医薬部外品の育毛剤のメリットとも言えるでしょう。

 

 

頭皮環境を改善、育毛を促進するためには長期間使用しなければなりませんが、作用が強いものは体にかかる負担も大きくなります。将来的な薄毛に不安を感じている人が使用する育毛剤としても、医薬部外品が適しています。

 

 

さらに医薬品とは違い、ドラッグストアや薬局の店頭などに加えて通販で買えるのも便利な点です。店頭では人目が気になって育毛剤を購入できないという人も、通販を利用することで簡単に入手できます。

 

 

最近は化粧品でも医薬部外品に近い薄毛対策ができるものがありますし、医薬品に近い医薬部外品もあります。医薬品が薄毛対策に最も効果的であることは間違いありませんが、副作用リスクの高さなどデメリットも少なくありません。

 

 

育毛剤を選ぶ際に大事なことは抜け毛や薄毛の状態にあったものを選ぶことです。人によって医薬品、医薬部外品、化粧品のうち、どの育毛剤が最適なのかは変わります。

 

 

抜け毛が気になり始めた、髪が細くなってきたという人であれば、医薬部外品の育毛剤でも改善は期待できます。遺伝的な薄毛が気になる人が早めに始める薄毛対策としても、医薬部外品の育毛剤が適しています。

 

 

効果が高いということは副作用リスクも高くなり、場合によっては抜け毛や薄毛を進行させることにもなりかねません。自分に適した育毛剤、必要な成分を配合した育毛剤を選ぶことが薄毛対策には何よりも大事なことです。

 

 

薬事法の分類を知ることで正しい選び方ができるだけでなく、商品に書かれている効果や効能の嘘に騙されることもなくなります。薄毛に対するはっきりとした効果を明記できるのは医薬品だけであって、それ以外は効果を誇張した宣伝文句です。

 

 

悩みを抱えている時には効果の高さや早さに惑わされがちなので、きちんと見極める目を持つ必要があります。どの育毛剤を選べば良いのか迷った時にも、薬事法の分類を知っておけば頭髪や頭皮の状態に適したものが選べるはずです。

 

 

同じように育毛剤と呼ばれる商品でも厳密には医薬品、医薬部外品、化粧品として明確に分類されており期待できる効果が違います。それぞれのメリットとデメリットを正しく理解し、なおかつ自分に合ったものを選ぶことで最も効果的な薄毛対策ができるでしょう。