ドラッグストアで買える市販の女性用育毛剤の成分の特徴について

ドラッグストアで買える市販の女性用育毛剤の成分の特徴について

ドラッグストアで買える市販の女性用育毛剤の成分の特徴について

 

最近はドラッグストアでも女性用育毛剤のコーナーが充実しており、様々なメーカーの商品が並んでいます。ここでは市販の女性用育毛剤に配合されている成分に、どんな特徴があるのかについて解説します。

 

 

育毛剤は男性が使うものと思う人もいますが、女性用育毛剤のニーズは年々増加しています。需要の高まりとともに商品数が増えたこともあり、初めて使う人はどれを選べば良いかわからないのではないでしょうか。

 

 

パッケージに成分名がかかれていても、どんな効果が期待できるのかわからなければ購入の決め手にもなりません。効果的な薄毛対策には成分ごとに異なる特徴を知り、自分に必要なものを選ぶことが大事です。

 

 

成分を知ることは効果を知るためだけでなく、頭皮や髪を守るためにも重要です。刺激の強い添加物や保存料が使われている場合、人によっては肌荒れを起こすこともありますし薄毛が悪化することもあります。

 

 

安全性の高い女性用育毛剤を選ぶためには、有効成分だけでなく避けたい成分も知っておく必要があるでしょう。種類が増えて選びやすくなった反面、低品質なものが売られている可能性も考えられます。

 

 

こうした商品ほど刺激の強い成分がたくさん配合される傾向にあるとも言われるので、安全に配慮した商品を選んでください。薄毛対策に効果が期待できる育毛剤を選ぶためには、有効成分と避けたい成分の両方の特徴を覚えておきましょう。

 

 

ただし同じ成分でも人によって効果、効能が異なるだけでなく刺激の受け方も異なります。実際に使用する前にはパッチテストなどで、安全性を確認してから使うようにしてください。

 

 

デリケートな女性の肌にも安心して使える育毛成分として、植物系の有効成分を配合する育毛剤は数多くあります。漢方などでもなじみがあるセンブリエキスには頭皮の血行促進作用、オウゴンにはヘアサイクルを整える効果があります。

 

 

また発毛成分のミノキシジルと同様の血行促進作用がある成分、エビネ蘭エキスを配合した育毛剤も人気です。グリチルリチン酸ジカリウムはシャンプーなどにも含まれる成分ですが、頭皮の炎症が気になる人にはお勧めです。

 

 

女性の薄毛はホルモンバランスも影響するため、女性ホルモンの一種であるエチニルエストラジオール配合の育毛剤もあります。ビタミンEの一種である酢酸トコフェロールは、加齢による薄毛にも効果が期待できる成分で頭皮と毛根の老化予防に働きかけます。

 

 

この他にメーカーが独自に開発した成分などもありますが、比較的高価な商品に配合されていると考えて良さそうです。柑橘エキスや生薬、アミノ酸など天然由来の成分を配合した商品が多いのも、女性用育毛剤の特徴と言えるでしょう。

 

ドラッグストアで買える市販の女性用育毛剤の成分の特徴について

 

頭皮環境の改善や毛根への栄養供給、女性ホルモンへの働きかけなど成分ごとに作用は異なります。一つずつでも薄毛の原因に働きかけることができますが、成分同士の組み合わせ次第で相乗効果も期待できます。

 

 

成分数が多いものが優れていると言えるわけでなく、成分の配合バランスも育毛剤選びには大事というわけです。さらに重要なのは自分の薄毛に必要なのはどれか、薄毛の原因や髪の状態ごとに必要な成分を知ることです。

 

 

髪や頭皮の状態に適した成分を選ぶことで、薄毛対策の効果もしっかりと実感できるようになります。

 

 

女性用育毛剤で避けたい成分としては、頭皮の乾燥を招くアルコールやエタノールが挙げられます。スッとした爽快感と刺激があるため効いていると感じる人もいますが、乾燥しやすい女性の肌には向いていません。

 

 

また防腐剤として使用されるパラベンの中でも、ブチルパラベンとプロピルパラベンは毒性が高いと言われます。生薬や漢方などの独特の香りを消すために、合成香料を使用した育毛剤もありますが人によってはアレルギーの原因となります。

 

 

植物から作られた天然香料であれば比較的安心なため、香りにこだわりたい人は香料の種類も確認しましょう。ただし植物由来の成分でも、絶対にかぶれや痒みが起こらないわけではありません。

 

 

特定の食物や植物でかぶれた経験がある人は、同じ科目に属する植物が使われていないか確認しておいてください。ドラッグストアには気軽に買いやすい価格帯の育毛剤が多いので、無添加無着色といった商品は少なめです。

 

 

全ての添加物が悪影響を及ぼすわけではないものの、万が一を考えるのであれば添加物が少ないものを選ぶのが正解です。自分に合わない成分が何なのかを知って育毛剤を選べば、お金を無駄にすることも頭皮や髪に負担をかけることもありません。

 

 

育毛剤で肌荒れすると薄毛の進行にも繋がるため、避けたい成分については特に慎重に確認する必要があるでしょう。

 

 

配合されている成分は女性用育毛剤ごとに異なるため、自分の薄毛のタイプに合う成分を知ることは商品選びにも役立ちます。成分表示は並んでいる順に配合量が多いという点も合わせて、気になる育毛剤があればチェックしてみてください。