育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策として使うにはどっちが正解?

育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策として使うにはどっちが正解?

育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策として使うにはどっちが正解?

マイナチュレ チャップアップ

980円訴求バナー

女性用育毛剤おすすめは、マイナチュレです。

 

敏感な頭皮に優しい無添加処方
天然成分27種とアミノ酸10種を最高のバランスで配合

 

髪の毛に良い栄養を豊富に含むミツイシ昆布をはじめ、27種の天然由来成分とアミノ酸が頭皮環境を整え薄毛改善に働きかけます。

 

育毛は身だしなみ

男性用育毛剤おすすめは、チャップアップです。

 

厚生労働省が認めた育毛剤で、業界最大級50種類の育毛成分配合

 

成分はすべて天然由来、さらにアルコールや防腐剤といった添加物も不使用。

 

効果と安全性を兼ね備えた育毛剤です。

 

 

薄毛対策を考えている人の中には、育毛剤と発毛剤のどちらが効果的なのかがわからないという人もいるようです。ここでは効果にどんな違いがあるのか、薄毛対策として使うのはどちらが正解なのかについてお伝えします。

 

 

店頭で商品を実際に見て初めてCMなどで見ていた商品が育毛剤、あるいは発毛剤だと気づく人は少なくありません。どちらも髪の悩みを改善してくれるものなので、単純に考えると効果に違いはなさそうですが実は目的が全く異なります。

 

 

そのため自分に必要なのが育毛剤なのか発毛剤なのかをきちんと知ることが大事で、そうでなければ薄毛対策はできません。発毛剤とは読んで字のごとく発毛させるための商品で、毛髪がない部分に毛を生やす目的で使われます。

 

 

髪を生成する細胞に働きかける成分が含まれているため、新たな髪を作る効果が期待できるのが発毛剤です。日本では髪を生やす成分としてミノキシジルが厚生労働省で認可されており、発毛剤に発毛成分として含まれています。

 

 

ただし発毛剤とはいえ成分の中には育毛成分も含まれており、育毛効果が期待できないわけではありません。

 

 

また頭皮環境を整えるために必要な成分などが配合されているものも多く、この点では育毛剤と同じ効果も期待できます。とはいえ発毛成分であるミノキシジルには、むくみやかぶれなどの副作用が報告されているため医薬品として扱われます。

 

 

発毛剤の使用には成分の副作用について理解が必要で、購入に当たっては医師の診断や薬剤師からの説明を受けなければなりません。一般に販売されている発毛剤の種類は育毛剤よりも少なく、選択肢が限られるのも発毛剤の特徴の一つです。

 

 

育毛剤について知っておきたい最も重要なポイントは、育毛剤に発毛効果はないということです。ただし今ある髪とこれから生えてくる髪の対策としての使用であれば、育毛剤も有効に使えます。

 

 

髪が育ちやすい頭皮環境を保つ、抜け毛を予防して薄毛を改善することが育毛剤の目的だと考えれば良いでしょう。薄毛の原因には色々あり、頭皮環境の悪化や毛髪サイクルの乱れも原因の一つです。

 

 

また脱毛を促す男性ホルモンが生成されることでも薄毛になるため、生成を阻害することも薄毛予防になります。育毛剤には発毛に働きかける成分が含まれていませんが、抜け毛を予防すれば薄毛の改善効果は期待できます。

 

育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策として使うにはどっちが正解?

 

健康な髪が生えるための土台と毛髪の成長サイクルを正常に整えることが、育毛剤に期待できる主な効果です。さらに配合成分の作用がマイルドなため、ミノキシジルのような副作用を心配せず使用できるのも育毛剤の特徴です。

 

 

とはいえ育毛剤の使用を続けることで、発毛を促進する効果はあると言われています。新しく毛を生やす効果が認められているわけではありませんが、それを促進するために育毛剤を使用することも可能です。

 

 

現時点で薄毛が気にならない人でも薄毛予防に育毛剤を使用できるのは、副作用リスクが低いからとも言えます。薬局などの店頭にはかなりの数の育毛剤が並んでおり、気軽に購入しやすいのも発毛剤と異なる点です。

 

 

薄毛対策として育毛剤と発毛剤のどちらが適しているのかを決めるには、今の頭髪の状態が重要です。髪が抜けてしまって生えてこないのであれば発毛剤が必要ですし、そうでないなら育毛剤の使用がお勧めです。

 

 

育毛剤には毛を生やす効果が期待できないため、脱毛箇所に新たに毛が生えてくることはありません。では育毛、発毛のどちらも対策できる発毛剤を使っていれば良いのかというと、安全性について考える必要があります。

 

 

本来なら育毛剤でも薄毛対策可能な人が発毛剤を使うことで、副作用のリスクを考えなければいけなくなるということです。また一般的にミノキシジルが配合されている発毛剤は高価なため、継続して使用するのが難しい人もいるでしょう。

 

 

単なる薄毛対策であれば長期にわたって続けやすい価格の育毛剤の方が、効果的な対策になります。もちろん早く新しい毛を生やしたいという人には、育毛剤ではなく発毛剤が適しています。

 

 

全く頭皮が生えていない部分がある人の多くは、毛が細くなったり抜け毛が増えたりという悩みも抱えています。このような場合は、発毛と育毛の効果が同時に得られる発毛剤の使用が正解です。

 

 

育毛剤と発毛剤は毛を生やしたいのか毛を育てたいのかで使い分ける必要があり、間違えて選ぶと十分な効果も得られません。

 

 

自分の薄毛のタイプや頭皮、毛根の状態がよくわからなければ、医師に診断してもらう方法もあります。正しく状態を把握することが薄毛対策に最も重要なポイントであり、育毛剤と発毛剤を選ぶためにも大切なことです。

 

 

共通点はいくつかあるものの目的が異なるのが育毛剤と発毛剤の大きな違いで、使用前にはそれを理解しておかなければなりません。効果的に薄毛を改善するためには自分の髪の状態を把握すること、それぞれの状態にあった薄毛対策をすることが大事です。